多発性硬化症 田中正美のホームページ本文へジャンプ
 

 MSのMRI
  鑑別診断の際の脳MRIでの要点
PMLや慢性の虚血では造影されることはないが、ミトコンドリア症やアミロイドアンギオパチー、CADASILでは稀に造影されることがある。 虚血性疾患では脳梁に病変を生じることは一般的ではないし、U-fiberもspareされる。(Lancet Neurol 2006;5:841-52) 全ての年齢層の健康人のうち4%でMSと区別できない脳室周囲病変が認められる、という報告がある(Radiolody 1991;178:447-51)。

MRIのみで診断することは危険で、false positiveとなる可能性が高い(Arch Neurol 2005;62:585-90)。臨床情報なしでMRIのみで診断した場合、39%がfalse positiveになったという報告がある(J Neuroimag 1993;3:81-8)。3ヶ月以上持続する造影病変やmass effectを有する病変、髄膜が造影される場合は他の疾患を考えるべき(Adv Neurol 2006;98:125-46)。

  脳MRIでのMSと鑑別を要する疾患
読影上、間違えやすい要因
Virchow-Robin spaces
Flow artifact
Partial volume
造影法での血管や動静脈奇形
炎症性疾患
ADEM
SLE
Sjogren syndrome
サルコイドーシス
NMO
Balo’s concentric sclerosis
Marburg’s disease
Tumefactive demyelinating disease
CIDP
感染症性疾患
梅毒
Lyme病
PML
トキソプラスマ症
膿瘍
結核腫
HIV
HTLV-1/II
脳炎/髄膜炎
Cysticercosis
血管性疾患
中枢神経血管炎
抗リン脂質抗体症候群
ベーチェット病
Susac syndrome
ラクネ梗塞
多発性脳塞栓
Degos disease
CADASIL
多巣性腫瘍
リンパ腫
Gliomatosis cerebri
転移性腫瘍
医原性
頭部外傷(diffuse axonal injury)
CPM
放射線照射
中毒性
化学療法
Marchiafava-Bignami disease
代謝性
Wilson病
ポルフィリア
フェニルケトン尿症
ミトコンドリア症
Leukoencephalopathies
AMN
Metachromatic
Krabbe
Cerebrotendinous xanthomatosis
Fabry’s disease
その他
加齢による変化
慢性高血圧
偏頭痛
てんかん

(Adv Neurol 2006;98:125-46; Lancet Neurol 2006;5:841-52)

  Acute encephalopathies-CISとの鑑別を要する疾患
炎症性疾患
Idiopathic inflammatory demyelinating disease
ベーチェット病
橋本脳症
Sj_gren症候群
サルコイドーシス
血管障害
血栓性
Vasculopathy (もやもや病、Susac、CADASIL)
血管炎 (全身性、中枢神経原発性、薬剤性、感染症関連)
静脈洞血栓症
Degos病
代謝性・栄養障害
ミトコンドリア脳筋症
ビタミンB12欠乏症
CPM
Methylene tetrahydrofolate deficiency
Ketotic hyperglycinemia
感染性
脳炎・膿瘍
ウイルス性脳炎
ライム病
結核
PML
Whipple病
HIV (HIV脳症、日和見感染症)
Cysticercosis
SSPE
梅毒
感染症後性
放射線照射後
中毒性
化学療法 (Methotreaxate, 5FU/levamisole)
Nitrous oxide
Solvents 
Carbon monoxide
Clioquinol

腫瘍性
腫瘍 (Gliomatosis cerebri, Primary CNS lymphoma, neoplastic angioendotheliomatosis)
傍腫瘍性 (辺縁型脳炎、Progressive soasticity and dementia associated with anti-amphiphysin antibodies、脳幹脳炎)
Miscellaneous (Posterior reversible encephalopathy syndrome)

(Neurologists, 1998;4:148-66)

   Copyright(C)2009 Masami Tanaka. All Rights Reserved.